FPブレーン現場レポート

日々の業務で思いついたことや、投資の考え方について掲載しています!

トップページ > FPブレーン現場レポート

2017年3月10日
たられば言っても仕方がない!

こんにちは。見川です。
最近はまっているドラマ。「東京タラレバ娘」
タラレバ娘の3人と同年代・・・ではもちろんありませんが、そんな私でも、わかるー!と共感する部分もあったりで、毎週楽しみにしています。

「たられば」といえば。
資産運用を知るほどに、「もっと若い時からコツコツ投資をしてい『たら』・・・」と痛切に感じてしまいます。
15年間、月1万円ずつ積立投資をすると、投資元本は、180万円。
仮に、年4%のリターンで考えると、約246万円になります。
(手数料、税金を含まず)
実際の商品の中には、元本の倍の360万円以上になっているものも。
あぁ。将来のことなど気にせずに遊んでいた、20代の私に投資の知識があっ『たら』と思わずにはいられません。

子供の学資目的で加入している保険も同じで、この保険料を積立投資していたらどうだったのか?と、シミュレーションをしてみて、あー、加入するときに知ってい『れば』とジタバタしています。

といっても、後を振り返って「たられば」ばかりを言っても仕方がありません。
物事を始めるのに遅すぎることはない。
ということで、前だけを見て、将来に向けてコツコツ積立をしていこうと思います!


先週のひな祭り。娘が2人いる我が家では、毎年「寿司ケーキ」を作ることが恒例行事です。

2017年2月13日
老後とお金に関する調査 

こんにちは。FPブレーンの見川です。
毎日寒い日が続いていますね。

先日、日経新聞の記事になっていた調査が気になり、詳細を見てみました。
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施した「老後とお金に関する調査」

「あなたは老後の生活資金についてどう思いますか?」
不安に思う、どちらかと言えば不安に思う と回答した方は、全体の81.3%。
老後の資金に不安を感じている方が非常に多いことがわかります。
理由としては、実際にどのくらいの生活費がかかるのか、また今後公的年金がどうなっていくのかがわからない、といったことが挙げられているようです。

では、「年金以外に老後資金をどのように準備していますか?」という質問に対しては、
1位「預貯金で準備する」40.9%。
2位「老後も働く」35.7%
3位「金融商品で増やす」16.7%
という結果になっています。

そして、「お金にまつわることで悩んでいること」として32.3%の方が挙げているのが、
「貯蓄ができない」ということ。

将来のために貯金しなければ、ということはわかっていても、今の暮らしにいっぱいいっぱいで、なかなか貯められない。そんな現状が、老後の生活資金への不安を大きくしているのだと思います。

老後資金の形成の方法として、今年から始まった個人型確定拠出年金や、NISAは、有効なものですが、これらも「投資」なので、やはり金融商品に関する知識を持ったうえで始めるべきもの。「金融商品で増やす」という意識がないとなかなか手を出しずらいかもしれません。
今後、どのように広がっていくのか、注目したいところです。

ちなみに、昨年金融庁が行った調査(国民のNISAの利用状況等に関するアンケート調査)によると、投資未経験の方の83.1%は、「資産形成のために有価証券への投資は必要ない」との結果。
イベントなどで、資産運用のお話をすると、「うちには関係ないから・・・」とお話しされる方が多かったことをふと思いだしました。

資産運用が「必要ない」「関係ない」と思っていた私。このようなアンケート結果を見て資産運用を「知らない」方が多いということを実感するとともに、もったいない。と感じます。

知識ゼロだった私が、資産運用を知って感じた「目からウロコ」の情報を、投資初心者の方にもわかりやすく、そして投資経験のある方にも役立つようにお伝えできるホームページを作っていきたいなぁ。と改めて感じました。
今年の目標のひとつです。
あっという間に1年が終わってしまった・・・とならないように、頑張っていきたいと思います。

※先日、勉強会で訪れた証券会社のビルからの景色です。気持ちの良い青空でした!

2016年12月30日
「申酉騒ぐ」2017年

FPブレーンの岩川です。

想定外の出来事ばかりのこの1年。

金融ではありませんが、国民的アイドル「SMAP」の解散もその一つですね。とくにファンではありませんが、残念に思います。
と言うのも、40歳を過ぎて、未だアイドルの前線で活躍するSMAPはまさに「偉業」。我々、40代のおっさんにとって、彼らの活躍は、まだまだ40代は「若い!まだまだできる!」という根拠のない自信を湧き与えてもらえる気がします。
また、今後50歳に向けて、どのような立ち位置を築くのか大変興味を持っていました。白髪姿で、格好よく料理を作る「ビストロSMAP」を見たかったです。笑
私と同じように思う方は、意外といらっしゃるのでは?笑
いやいや残念です。「TOKIO」や「V6」の今後に期待です。

では、話を戻して、さきほど大納会も終わり、今年も干支から見た来年の「相場の格言」を紹介します。

■■■干支から見た来年2017年の相場。■■■

はじめに、今年2016年の株式市場、為替市場の
結果は下記の通りです。

★株式市場
2016/01/04大発会 終値 18,450.98
2016/12/30大納会 終値 19,114.37
今年の騰落率・・・・+3.59%

★為替市場(対ドル)
2016/01/02 終値 120.30
2016/12/30 15:00現在 116.67
今年の騰落率・・・・-3.01%

日経平均は2012年より5年連騰になりました。

今年2016年は「騒ぐ」という格言のとおりでしょうか。
年初から株式市場の下落、6月は英国EU離脱決定、11月にはトランプ氏の米国大統領当選と、想定外の出来事で、乱高下を繰り返したマーケット。

まさに「ドキドキ」した「胸騒ぎ」の1年でした。

しかし、結果を見れば、またまた、株高、円安と、資産上昇につながる1年となりました。

さて、来年2017年の「酉年」の格言は・・・

2016年と同じく 「騒ぐ」 です。
「申酉騒ぐ」です。

「強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」という相場の格言があります。

皆さんは、どの場面と感じますか?

長期投資においては、1年の株価動向はあまり重要なことではありませんので、むしろ「ドキドキ」を軽減させることに「力を注ぐ」方が
良さそうですね。
つまり、短期的なマーケットの動きは、戦略的に「気にしない」と言う考えを強く持つことも大事だと思います。
では、その気持ちを忘れずに、新しい年を迎えましょう。

★★★今年1年も大変お世話になりました★★★
今年も、昨年に引き続きセミナー開催を多く行いました。
たくさんのご縁もでき、この時期はやはり「感謝」の気持ちです。

来年も、その気持ちを忘れず、日々の業務に取り組みます。

では、みなさまにとって、2017年も幸せいっぱいの1年になりますよう、お祈り申し上げます。
良いお年をお迎えください。

【写真】投資信託の勉強会 2016/11
(グループ勉強会。ご希望の内容で行うことも可能です。)

2016年11月1日
年末調整の季節です。

こんにちは。FPブレーンの見川です。
ハロウィーンも終わり、11月を迎えました。
朝晩の冷え込みも、厳しくなってきましたね。

この時期になると、会社員の方は会社から、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」を受け取ると思います。
保険会社からも、「生命保険料控除証明書」が届いている頃ですね。
いわゆる、「年末調整」を行うための書類です。

以前の私。「よくわからないし、面倒・・・だけど、書いて提出すると税金が少し返ってくるからちょっと嬉しい。」
年末調整、という言葉はよく聞くけれど、実はよくわかっていない、という私のような方も多いのでは?ということで、今日は年末調整について書いてみたいと思います。

会社員の方は、毎月税金(所得税)が引かれてから給与が振り込まれます。所得税は、その年の1年間の収入に応じて支払うものなので、毎月引かれている税金の金額は、「概算」です。
そこで、1年間の収入が確定する年末に所得税の金額が確定し、概算で引かれていた所得税のほうが多かった場合、差額が返ってくる。これが年末調整です。
このとき、生命保険料や地震保険料、住宅ローンなどを申告することで、控除を受けることができます。
会社に提出しているのは、この申告のための書類です。

生命保険の控除は、新・旧があったり、種類がよくわからなかったり、計算をしなければいけなかったり、ややこしく感じますが、最大で12万円の控除(平成24年1月1日以降の保険の場合)を受けることができる制度です。
生命保険料控除証明書をしっかり見て、頑張って正しく記入しましょう。

ちなみに、私は以前、加入している生命保険をすべて書かなければいけないと思っていたのですが、控除の対象になる保険料には、上限があり(平成23年12月31日までの契約=10万円、平成24年1月1日からの契約=8万円)、この上限額を超えたら、それ以上は記入してもしなくても、控除額は変わりません。

FPの勉強をしてから、実生活の中で一番ためになったことが、この年末調整の意味や、源泉徴収票の見方がわかったことのような気がします。
手元に給与が入る前に引かれていると、税金を払っている実感があまりないのですが(漠然と、高い!とは感じつつ・・・)、知ったうえで見ると、税金への意識が変わってきます。

給与明細を見ても、手取りの金額に目が行って、税金の金額はあまり気にしていない方も多いのでは?

税金の制度はわかりにくく、面倒な作業ではありますが、年末調整の機会に、税金に目を向けてみてはいかがでしょうか。


何かと話題の築地市場。テレビでよく紹介されている「きつねや」のもつ煮込みです。一度食べてみたいという念願を叶えました!
20160523_114916

2016年10月24日
投資信託勉強会のお知らせ

こんにちは。FPブレーンの見川です。

プロ野球の日本シリーズ。広島出身の夫の影響で、広島カープファンの我が家も、盛り上がっています。週末は、野球中継にくぎ付け!25日からも、目が離せません。

さて、今日は「投資信託勉強会」のお知らせです。

これまで、FPブレーンでは、「失敗しないための資産運用のルール」や、「初めて学ぶ資産運用のキホン」など、資産運用の初心者の方にもわかりやすく、という気持ちでセミナーを実施してきました。

毎回、受講いただいた皆さんには、熱心にご参加いただき、「勉強になった」、「資産運用のイメージが変わった」、などのありがたいお声をいただいております。

・・・が、一方で、「もう少し詳しく勉強してみたいと思った」、「投資信託をどこで買えばいいのかわからない」、というお声もあります。1時間半のセミナーの時間内では、詳しく説明できなかったり、実際に投資を始める方法まではご紹介できなかった部分があります。

ということで、今回は、金融商品の中でも、家計を守りながら安定した資産運用を行う方法としておすすめな「投資信託」について、がっちり勉強していただくために、「投資信託 勉強会」を開催いたします。

投資信託のしくみなどの基礎的な内容から、証券口座の開き方、賢い投資信託の選び方といった、投資を始めるための実践的な内容まで、わかりやすくご紹介します。

たくさん勉強して、資産運用を「わかる」と思っても、実際に始めるための一歩を踏み出せなかったり、始めてみたら、不安になったり、いろいろな壁にぶつかってしまうこともあります。

投資信託が「わかる」だけではなく、自信をもって「できる!」ようになるための勉強会です。本気でお金について学んでみたい方は、ぜひ、お申込をお待ちしております!

 

じっくり寝かせて大きく殖やそう! 投資信託勉強会

日時:2016年11月17日(木)12:00~16:00

場所:ホテルニューオータニ幕張

定員:15名

参加費:1,000円(税別)  ★軽食・ドリンク付きです!

お申し込みは、043-306-5800 もしくは、こちらから


先日の、セミナーの様子です。今回は、定員を超えるお申込をいただき、広い会場に変更。結婚式場としても、人気があるとのことで、とても素敵な会場でした。
dsc01142

2016年10月20日
家計節約術・・・チリも積もれば山となる?

こんにちは。FPブレーンの見川です。
最近切に感じること。野菜が高い!!
ニュースでも取り上げられることが増えてきていますが、本当に高い!
きゅうりが一本100円。レタスが300円。
・・・買う気になれません。
我が家では、もやしときのこ類の食卓登場回数がアップ中です。

最近セミナーでも、「家計節約術」として、
ふるさと納税やNISAなど、お得な制度をご紹介しています。ほかに、節約術としてご紹介できるものが何かないか?と自分の生活も振り返りつつ思いついたこと。
・クレジットカードの利用
現金で払うよりも、ポイントが付く点でお得!
普段の生活の支払いや、光熱費、通信費、保険料などなど、できるものをすべてカード払いにすると、
意外と貯まります。
航空会社のマイルを貯めるのもおススメ。
ただし、現金よりも「お金を払っている」実感がないので、ついつい使いすぎて、
翌月に明細を見てドキッとしないように気を付けないといけませんね。

・お店のポイントカードの利用
最近はポイントカードがありすぎて、よくわからなくなってしまっている部分もあるのですが。
例えば、ドン・キホーテのmajica(マジカ)カード。
カードを提示すると、購入代金の1円の位が切り捨てになります。(1,000円以上購入時)
1,005円が、1,000円に。1,009円も1,000円に。
会計時に1の位が9円になると、なんだかラッキーな気分になります(笑)
節約の金額は小さいですが、日常にささやかな幸せを感じたい方におすすめです。

ほかに思いつくものといえば、電気をこまめに消す・洗い物の時に水を流しっぱなしにしない・お風呂の水を洗濯に再利用・などなど、いかにも主婦なものばかり。

こういった主婦的な節約。どれくらい効果があるのか金額にしてみると、これだけか・・・とがっかりするような小さな金額だったりもします。一般的に、支出を減らすためには、保険料や、住居費など、金額が大きく、毎月必ず出ていく固定費を見直すことが一番効果がある、ともいわれています。

とはいえ、節約は、金額だけの話ではなく、「お金」を大切にするという気持ち、「貯めるぞ!」というやる気につながるものだと思っています。「節約」というと、ガマン、つらい、ともなりがちですが、自分にとって必要なこと、ガマンできるところを区別して、ゲームのような『楽しさ』を感じられると、毎日が楽しくなりますね。

「断捨離」をすると、無駄なものが増えなくなり、貯め体質になれる、という話を聞きました。無駄なものがあふれているに違いない我が家も、断捨離に挑戦してみたいと思う最近です。

主婦の味方「豆苗」。余った根っこを水につけておくと、収穫できます。台所のグリーンとしてもおススメ(笑)
20161019_203300

2016年9月21日
1万円から始められる 女性のためのマネー講座

こんにちは。FPブレーンの見川です。
最近、曇り空ばかりで、ぱっとしないお天気が続いていますね。朝晩が涼しくて、すっかり秋の気配です。

先日のセミナーに引き続き、来月もセミナーを開催します。
今回のタイトルは、「1万円から始められる 女性のためのマネー講座」!

なんとなく不安は持っているけれど、具体的に考えることを後回しにしてしまいがちな「将来のお金」。
安心して充実した毎日を送るためには、今から計画的に準備したいところです。
しかし低金利の今、「とりあえず定期預金に預けておく」方法では、将来のお金を準備することは難しくなっています。
将来の安心に向けたお金を貯めていくには、「お金自身に働いてもらう」ことが重要です。

そこで今回は・・・「今を楽しみながら、将来の安心のために効率よくお金を貯める方法」として、小額からでも始められる「積立投資」を中心にお話ししていきます。

先着24名様のセミナーです。お申込はお早めにどうぞ!

【日時】10月13日(木)10:30~12:00
【場所】ホテルフランクス(JR京葉線 海浜幕張駅 徒歩3分)
【参加費】 無料

★ホテルフランクスオリジナルのケーキとドリンク付きです★
20150414_CBR_01265 (写真はイメージです)  

2016年9月14日
ふるさと納税はじめました。

こんにちは。FPブレーンの見川です。
昨日、千葉市では午前中大雨。
セミナーに向かう途中、千葉駅前を通りかかったときに、「冠水のため通行止め」という場所がありました。
後でニュースで見たらすごい映像・・・。
最近は、局地的な豪雨がやたらと多くなった気がします。

そんなお天気の中、たくさんの方にセミナーのご参加をいただきました。
どうもありがとうございました。

さて、昨日のセミナーでも興味を持たれた方が多かった話題のひとつ。
「ふるさと納税」
今年ふるさと納税をはじめた我が家の話も含めて、改めてのご紹介です。

まずは、「ふるさと納税」とは・・・

自治体に寄付をすると、寄付額から自己負担の2,000円を除いた金額が所得税と住民税から控除できる制度。
(※所得により控除される金額に上限があることにご注意ください!)


「税金」「控除」と聞くだけで、なんだか難しそう…という気持ちにもなりますが、翌年に支払うべき税金を、前払いしているイメージです。
そして、ふるさと納税がお得な理由は、この寄付に対して自治体から送られてくる返礼品が、2,000円以上の価値があるものがほとんどである点。肉・魚・お米・お酒・調味料・果物・お菓子などの食品はもちろん、地域の工芸品や体験型のものなど、それはそれはバリエーション豊かです。

ちなみに、ふるさと納税デビューの我が家が最終的に決定したのは、千葉県勝浦市。『一万円寄付すると七千円分がもらえる市内限定の商品券「かつうら七福(しちふく)感謝券」』の存在を知って、決定!近々、この券を利用して勝浦まで旅行に出かける予定です。

私が行ったふるさと納税の手順は・・・
⓵限度額を確認
  インターネットサイトで確認。源泉徴収票があるとスムーズです。
  限度額は、あくまでも試算なので、上限額に対して少し余裕を持って寄付金を設定しました。

⓶インターネットサイトから申込み
  「希望の商品を選んでクリック」 ネットショッピングの感覚です。
  ※「所得税、住民税を支払っている人」が申し込むこと! 専業主婦の方や、学生の方などは、税金の控除はできません。

⓷返礼品到着!

⓸返礼品と同時に送られてきた、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を返送(マイナンバーも提出。)
  ※通常、確定申告を必要としない人はこの手続きだけで控除されます。(寄付先が5つの自治体までの場合)
   確定申告をされる方(医療費控除などを受けたい方も含む)のために、確定申告時に必要な書類も送付されてきました。

これで完了。思ったより、簡単な手続きでした。

返礼品をもらえることに注目が集まるふるさと納税ですが、ふるさと納税の目的の1つは、応援したい自治体への寄付を集めること。
賛同できる活動をしている自治体や、生まれ育った自治体、被災地への応援、など、返礼品以外の部分にも注目してみるといいですね!

気が付けば2016年も残り3か月とちょっと。ふるさと納税をまだ始めていない方は、ぜひ今年中にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
  
 
昨日のセミナーの様子です。皆さん、熱心に話を聞いていただきました。ご参加ありがとうございました。
HP用

2016年8月19日
セミナー開催のお知らせ

オリンピックが盛り上がっている今日この頃。ついつい寝不足気味になってしまいます。私は、男女ともに、卓球の試合にくぎ付けでした!

さて、本日はセミナーのお知らせです。

サンケイリビング新聞社千葉本部主催の、「リビングこれからゼミナール」の中で、「”初心者でも簡単!” じっくり寝かせて大きく殖やす資産運用術」 と題したセミナーを弊社が担当いたします。

資産運用って?いくらから始められるの?という、投資を始める前に知っておきたい基礎知識から、堅実な運用をするための賢い商品選びのポイントまで、知って得する情報を女性向けにわかりやすくご紹介します。

「資産運用」というと、どうしても「難しい」「リスクが大きい」「自分には関係ない」と思われる方も多くいらっしゃいます。

しかし、生活に最も身近で、大切な「お金」のこと。知っておいて得になることはあっても、決して損はありません。

資産運用をされている方には、改めて投資の基本から確認していただき、ご自身の資産がそのままでよいのかを見直すきっかけに。

資産運用に興味はあるけどどうしたら?という方には、家計の中でどのようなお金を、どうやって投資していけば堅実な運用ができるのかを学び、投資を始めるきっかけに。

資産運用には興味がない!という方にも、家計の節約方法などのお金の基礎知識や、一般的にイメージされがちな「ギャンブル」ではない資産運用を知っていただくきっかけに。

いろいろな方に、必ず役に立つ内容です。

この機会に、ぜひセミナーへのご参加をお待ちしております。




「リビングこれからゼミナール」

「”初心者でも簡単!” じっくり寝かせて大きく殖やす資産運用術」

【日時】2016年9月13日(金) 13:00~14:30

【場所】千葉市文化センター9階(千葉市中央区中央2-5-1、JR千葉駅から徒歩10分)

【定員】50名

【参加費】無料

※ お申し込みは、サンケイリビング新聞社千葉本部 「これからゼミナール係」までお願いいたします。

tel:043-242-4523

web:http://r.living.jp/mrs/0820zemi

20160802_204954
※夏休みのディズニーランドでの1枚です。

2016年7月8日
大金がないと、資産運用はできない?

こんにちは。見川です。7月。蒸し暑い毎日が続いていますね。ギラギラした日差しに、日焼けが怖いと思いつつも、夏はなんだかテンションが上がります。

投資経験がない方と、資産運用についてお話をするときに、よく言われる言葉があります。

「まずは運用するお金を貯めないと・・・」

資産運用は、「大きなお金がなければできない」というイメージの強さを毎回感じます。

投資信託を保有している人の年齢別構成比を見ると、50代以上の方が70%以上を占めているというデータがあります(投資信託協会調査より)。やはり、貯金の金額が少ない若い方には、投資はハードルが高く感じるということなのかもしれません。

しかし、例えば「100万円貯めてから投資を始めてみよう!」と思っているくらいなら、そのお金を使って、毎月1万円でも、5千円でも、投資信託を購入していくことをおすすめします。

投資にとって一番の味方は「時間」。100万円を貯めるまでの時間を、投資の時間とするほうが効果が大きくなります。長い投資を考えることができる、20代、30代の方にこそ、積立投資はおすすめしたいところです。

また、月々で余ったお金を貯めていこう!なんて思っていても、財布に入れていた1万円札を一度1000円札に崩してしまうと、あっという間になくなってしまう・・・なんてことありませんか?私はよくあります(笑)どんなに節約しようと思っても、手元にお金があると、ついつい使ってしまうもの。本気で貯めていくためには、手元に届く前に積立投資をしててしまうことが一番です。

投資は、「お金が貯まったら」するもの、ではなく、「お金を貯めるために」するもの、とイメージを変えると、より投資は身近なものになりますね。

 

千葉県の君津市にある「濃溝の滝」。最近、テレビなどでも紹介されることが増えて、混雑ぶりが気になりますが、夏場は川の中を裸足で歩くととても気持ちがいいので、スニーカーよりは水遊びできるサンダルなどがおすすめです!

20160618_133429

ページトップへ