老舗IFA法人:17年の経験

お客さまごとに異なる、ライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産管理サービスを提供しています。弊社の資産管理は、金融の仕組みや構造を理解し、包括的に有益と判断できる管理を致します。
また、私どもの中心的役割は、お客さまのリスクを想定して、事前に対処する事と考えております。

老舗IFA法人:17年の経験

弊社はファイナンシャルアドバイザーとして、ラインプランを通じて包括的な資産管理を行って参りました。
これまでも、ネットバブルの崩壊、リーマンショックなど、数々の金融危機をお客さまとともに乗り越え、2020年4月で18年目を迎えました。日本において、専門性の高い資産運用アドバイスの長い経験を持つファイナンシャルプランナーは、まだまだ、干し草の中で針を探すような存在と言えるのかもしれません。
資産運用アドバイスは、5年、10年の経験による「気づき」、さらに15年の経験による「気づき」と、長い経験によってようやく「得られたこと」が数えきれません。
市場や感情に左右されない一貫した投資方針を約束するという考えに変化はありませんが、弊社が提案した資産管理の実行後の推移、また、そのプランを実行しているお客さまの反応など、日々情報は蓄積され生かされています。

とくに「リスク」に対する考え方は、時間とともに慎重になり、お客さまごとに、あらゆる角度で検討しお応えています。

これからも経験を積み重ね、お客さまの「安心」に結びつくように急がず焦らず地道な情報収集を心がけて参ります。包括的な資産管理をお考えの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

有料サービスを基本としています。
(貯蓄など資産形成の相談は有料が身のため!と思います・・・)

「有料相談サービス」は、結果として有利と言っても過言ではありません。
※この機会にご検討いただければ幸いです。

金融における有料相談サービスは、フェアな情報提供が受けられることから「有利、不利」「合う、合わない」などの判断を自分自身で決定することが可能になります。結果としてお客さまの長い人生に「コストの軽減」や「効率化」など大きな利益をもたらします。
「タダより高いモノはない」とは、よくいったものですが、「もらう」「ひろう」「タダ」・・・、実は、後になってそれ相当もしくは、それ以上の費用負担となった経験をお持ちの方も少なくないはずです。

なぜ「有料相談サービス」にしているのか

「無料相談」より結果、「有利」になると考えています。

・有料相談費用 + 商品 = ???
・無料相談0円 + 商品 = ???

※人生においてどちらが、トータルコストを軽減できるか、また、手間が少なくなるのか・・・・

私たちは、ご相談者ご自身が判断できる「ありのままの情報提供」を行いたい。という想いがあります。
また、その「有料相談サービス」によって費用の面をはじめ、心理的負担の軽減など、メリットが得られると考えていますので、サービスを利用し利益を受ける(情報提供など)場合には、応分の負担を「相談料」として求めることを基本(受益者負担の原則)としています。

日本での金融サービスは「無料文化」です。
「無料サービス」は日本の文化であり、利用メリットはたくさんあります。ただ、その多くある無料サービスの中からフェアな情報提供が受けられる場所を探せるかが、重要ポイントかも知れません。

どなたでも冷静に考えれば、十分に理解している事ですが、ビジネスである以上、採算の合わない商品を提示することは不可能であるのは、言うまでもありません。
「全てを知って、選択するのか」「知らないまま、選択するのか」これもまた「選択」です。