老舗IFA法人:17年の経験

お客さまごとに異なる、ライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産管理サービスを提供しています。弊社の資産管理は、金融の仕組みや構造を理解し、包括的に有益と判断できる管理を致します。また、私どもの中心的役割は、お客さまのリスクを想定して、事前に対処する事と考えております。

老舗IFA法人:17年の経験

弊社はファイナンシャルアドバイザーとして、ネットバブルの崩壊、リーマンショックなど、数々の金融危機をお客さまとともに乗り越え、2020年4月で18年目を迎えました。日本において、専門性の高い資産運用アドバイスの長い経験を持つファイナンシャルプランナーは、まだまだ、干し草の中で針を探すような存在と言えるのかもしれません。
資産運用アドバイスは、5年、10年の経験による「気づき」、さらに15年の経験による「気づき」と、長い経験によってようやく「得られたこと」が数えきれません。
市場や感情に左右されない一貫した投資方針を約束するという考えに変化はありませんが、弊社が提案した資産管理の実行後の推移、また、そのプランを実行しているお客さまの反応など、日々情報は蓄積され生かされています。

とくに「リスク」に対する考え方は、時間とともに慎重になり、お客さまごとに、あらゆる角度で検討しお応えています。

これからも経験を積み重ね、お客さまの「安心」に結びつくように急がず焦らず地道な情報収集を心がけて参ります。包括的な資産管理をお考えの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

有料サービスが基本
(貯蓄など資産形成の相談は有料が身のためです!)

「有料サービス」は、結果として有利と考えられるケースは、いくつもあります。
※この機会によく考えて頂ければ幸いです。

「まずは教育」基本的な事です。
資産運用は、車社会とよく似ています。車を購入するケースを考えてください。まずは、教習所で時間と費用(約30万)をかけて、免許を取得することからスタートします。

もし、教習所がなければどうでしょう?
車を納車したその日に、事故をする可能性、多額の修理費がかかる可能性、それだけでなく、命も脅かす可能性もあります。

日本の資産運用事情は、まさに「投資の無免許」状態です。事故「損失」はあって当然かもしれません・・

日本では投資教育も受ける場所がありません。プランの立て方もわからないし必要性も感じません。商品の選択方法、保有方法もわかりません。できることは、ネットや雑誌の情報を基に購入し、結果として「損失」を被ることが少なくありません。資本主義経済での長期国際分散投資は、資産形成される仕組みです。しかし、教習所のない資産運用社会は「失敗」する事で、投資全てがギャンブルと理解されています。

事故をする前に、しっかり時間と費用をかけて教育を受ける必要があるのです。

しかし、それだけではありません。金融おける有料サービスは、フェアな情報が受けられるだけではなく、結果としてお客さまの長い人生に「低コスト」や「効率化」など大きな利益をもたらします。
「タダより高いモノはない」とは、よくいったものです。「もらう」「ひろう」「タダ」は、実は、後になってそれ相当もしくは、それ以上の費用を支払うことになるものです。

まさに、その有益を感じられるのは、有料サービス利用者に限られるのが現実かもしれません。
日本での金融サービスは「無料文化」です。

「口座管理費無料」「無料セミナー」「無料相談」「無料診断」などなど・・・・

当然ながら、「無料サービス」のコストは、すべて商品に含まれる仕組みになります。
裏を返せば、「無料相談」等を利用せずに商品購入に至った場合でも、実質「無料サービス」に関するコストを支払っています。

弊社では、サービスを利用し利益を受ける(情報提供など)場合には、応分の負担を「相談料」として求める「受益者負担の原則」を基本としています。
商品購入前に、このサービスを受けることで、コストを下げる購入方法も選択出来るメリットが受けられます。

是非、資産運用は有料相談をお勧めします。

※ご注意
「無料サービス」は日本の文化であり利用メリットはたくさんあります。ただ、その多くあるサービスの中からフェアな情報提供が受けられる場所を探せるかが、重要ポイントかも知れません。