FPブレーン現場レポート

日々の業務で思いついたことや、投資の考え方について掲載しています!

2018年11月28日
セミナーを開催しました。

こんにちは。FPブレーンの見川です。

昨日、「1万円から始められる 女性のためのマネー講座」を開催しました。

気軽に質問をいただいたり、ケーキと雑談を交えながらの2時間。
お金についての基本的な話から、資産運用のしくみなどをご説明しました。

ご参加いただいた方には、
・投資はお金持ちがやることとしか考えていなかったけれど、身近に感じられるようになりました。
・お金に対する考え方が変わりました。長い時間をかけて運用したいなと思いました。
・少人数でじっくり聞けて、貴重な時間でした。
といったご感想をいただきました。

生活に最も身近なお金のことですが、正しい情報が知られていないことをいつも実感します。
「知らなかったことを知ることができてよかった」
勉強会の後、こう言っていただけることが喜びです。

弊社での勉強会が、今後、お金についての正しい情報を知るきっかけになれば幸いです。

今後も、定期的に勉強会を開催していく予定です。
お金について勉強してみたい、とちょっとでも感じている方は、どうぞお気軽にご参加ください。


2018年11月5日
1万円から始められる女性のためのマネー講座

こんにちは。
FPブレーンの見川です。
ついに11月。ぐぐっと年末が近づいた気がします。

本日は、~1万円から始められる女性のためのマネー講座~開催のお知らせです。

漠然とした不安は持っているけれど、具体的に考えることを後回しにしてしまいがちな「将来のお金」。安心して充実した毎日を送るためには、計画に準備したいところ。さらに、低金利の今は、資産運用により「お金に働いてもらうこと」が必要になっています。

しかし「投資」と聞くと、「お金に余裕がある人がすること」「ギャンブル」「危ない・騙される・損をする」マイナスなイメージがよく聞こえてきます。

このようなイメージが一般的になってしまっているのは、「正しい情報を知る機会がなかったから。」

この講座では、ぜひ知っておいていただきたい、学校では教えてくれなかったお金についての情報や、資産運用についてお話しいたします。

少人数制ならではの、アットホームな雰囲気です。

「何も知らないけれど大丈夫ですか?」
とご質問をいただくことがあります。
どうぞ、安心していらっしゃってください。
初心者の方にも、わかりやすく、ご説明いたします。

きっと「知ってよかった」と思っていただける内容をお伝えします。
興味をお持ちの方は、ぜひお越しください。
お待ちしております!

セミナー詳細はこちら



2018年10月30日
パートはいくらまで働くのが得?

こんにちは。FPブレーンの見川です。
ハロウィンの飾りが街を彩る季節ですね。
寒さも日に日に増してまいりました。
風邪など、お気を付けください。

小学生高学年の子供がいる私の周りでは、
子供の手が離れてきて、パートで働いている友人が多くいます。
子供が大きくなるにつれ、働く時間を増やしていきたい、という話とともに出る話題が、
「いくらまで働くのが一番得なのか」。
被扶養者の場合、税金や保険の面でいくつかの壁がありますね。

1.103万円の壁
 103万円を超えると、所得税がかかってきます。
 (一般的に所得税に注目して「103万円」と言われますが、100万円を超えると、まずは住民税がかかってきます。)

2.106万円の壁
 ・週20時間働いている
 ・賃金が月88,000円以上
 ・勤務期間が1年以上見込まれる
 ・勤務先が従業員501人以上の企業
 ・学生以外
 上記の条件すべてにあてはまる場合は、被扶養者ではなくなり、自分が社会保険に加入する必要があります。

3.130万円の壁
 2.にあてはまらなかった方は、130万円を超えると、被扶養者から外れることになります。 

被扶養者を外れると、社会保険料が発生するので、その分収入を増やさないと、手取りは減ってしまいます。

この内容までは、よく知られていることなのですが、注意するべき点がもう一つ。
旦那さんの会社から、「配偶者手当」等が支払われている場合があります。
多くは、被扶養者であることが条件になっているので、この手当てがなくなってしまうことを
考慮することを忘れないでください。
全額なくなってしまう場合や、半額になる、など会社によって扱いが異なるので、
事前にしっかり確認しましょう。

また、103万円を超える場合は、個人型の確定拠出年金(iDeCo)を利用することで、
将来の資金を貯めつつ、税金の額を少なくすることも可能です。
この辺りは、次回詳しくご紹介したいと思います。

今後も、制度が変わっていく可能性がありますので、事前にしっかり確認することをお忘れなく!


お台場にある、チームラボボーダレスにて。
幻想的な空間に感動です。

2018年10月4日
「まくはりFPオフィス」

こんにちは。FPブレーンの見川です。

FPブレーンは、ホテルグリーンタワー幕張1Fにオフィスを移転し、
お客さまをお迎えする準備を進めてまいりました。

FPブレーンが、海浜幕張にて資産運用のアドバイザーとして活動をはじめてから15年。
今後も幕張をはじめ、千葉近郊の皆さまにとって
より身近な存在でありたいという願いを込めて、
「まくはりFPオフィス」の名で皆さまをお迎えいたします。

資産運用はもちろん、住宅ローン、生命保険、相続など、
それぞれの分野に精通した、経験豊かなファイナンシャルプランナーが、
プロならではの目線で、アドバイスをいたします。

ご相談をお受けするファイナンシャルプランナーが、セミナー等の業務で不在になる場合があるため、
ご相談をご希望の場合は、事前のご予約をお願いいたします。
夜間、土日祝日のご相談も承ります。
どうぞお気軽にお電話、メールでお問い合わせください。

ご家庭にかかりつけのお医者さんがいるように、
ご家庭のお金のことを気軽に相談いただける存在になれることを願っております。

「まくはりFPオフィス」にて、皆さまをお待ちしております。


2018年9月28日
「保有資産の内容がわからない」がわからない。

こんにちは。FPブレーンの見川です。
ひさしぶりに青空が広がっています。
明日からはまた崩れる模様。
体調も崩しやすい時期ですので、皆さまお気を付けください。

私がFPブレーンのスタッフになったのは、4年前。
独立系のFPには、証券会社や、銀行、保険会社の経験がある方が多いものですが、
私の前職は、「専業主婦」。その前も、金融関連の職場ではありませんでした。

そのため、資産運用や、金融商品についてのお客さまとのコンサルティングの様子は、
弊社、岩川のコンサルティングしか見たことがありません。

今お持ちの金融商品の見直しで相談にいらっしゃった際に、
お持ちの投資信託や保険などについて、「内容がよくわからない。」と
話される方が多くいらっしゃいます。

当初、そこに疑問を感じていました。

弊社のコンサルティングでは、最初に商品をご提案することはほぼありません。
始めにお話しするのは、「資産運用とはなにか」ということ。
なぜ、資産運用が必要なのか、どんな方法があるのか、株や債券がどんなものなのか。分散投資とはどういうことなのか。
お客さまに合わせて、ご理解いただくまでしっかりご説明をします。

資産運用のしくみを知っていただいた上で、お客さまが選択される商品の内容や特性についてもご説明し、資産運用がやっとスタートします。

そのため、コンサルティングには2回、3回、時にはさらにお時間をいただくこともあります。

そのため、「資産運用はしっかり理解した上で始める。」それが普通だと思っていた私は、「内容がよくわからない」ことが不思議でした。

金融商品の見直しのご相談の際も、同様に資産運用についてご説明します。
「こんなに丁寧に説明してくれるんですね」や、「知らなかったです・・・」
というお客さまの声を聞いて、弊社のコンサルティングの内容が、ちょっと特別なのかもしれないと感じるようになりました。

商品をお勧めすることではなく、ご相談に来られた方が、目的に向かって、自分の判断で資産運用を続けていくための正しい情報をお伝えすること。それが弊社のコンサルティングの考え方であり、資産運用に必要なものだと思っています。

金融商品の窓口はたくさんありますが、商品を購入する時には、自分が内容をしっかり理解できたかどうかを一度考えてみてください。



9月24日。中秋の名月でした。東の空に浮かぶ大きな月。私のスマホでは、その神秘的な美しさが伝わらないのが悲しいです。でも、とてもきれいでした。


2018年9月4日
『ファイナンシャルプランナー』って?

こんにちは。
FPブレーンの見川です。
9月がスタート。子供たちの夏休みも終わりましたね。
今年最大級の台風の情報が続いています。
どうぞ、皆さまお気を付けください。

私は、「ファイナンシャルプランナー」です。
というと、「保険関係?」と聞かれることが多くあります。
実際、保険を扱う方が、FPの資格を取得していることが多く、
そのイメージが強いことをいつも感じます。

「ファイナンシャルプランナー」という言葉自体は知っていても、実際は何をする?
ということは、なかなか知られていません。

「ファイナンシャルプランナー」には、国家資格としての技能検定があり、
それに合格することで「ファイナンシャルプランニング技能士」を名乗ることができます。
通信教育などでも、人気の資格としてランキングの上位に入っていたりもしますね。

FPとは、「顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、
それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画や
アドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者」(「wikipedia」より)と
表されています。

「生活する」ためには、お金を使わなければいけません。
様々なところで、いろいろな悩みにぶつかります。
生活費・税金・教育費・住宅ローン・保険・投資・相続・・・。

「ファイナンシャルプランナーって、すごいお金持ちの人がお客さんなの?」
と聞かれることもありますが、そんなことはありません。
資産が多い方、少ない方それぞれに、お金に関する悩みはあるはずです。

アメリカでは、ファイナンシャルプランナー(FP)は医師や弁護士と並んで生活に必要な職業とされています。
病気になったら、かかりつけの病院に行くように、
お金について悩んだら、FPに相談をすることが当たり前のことになっています。

日本では、「お金について相談する」となると、ちょっと怪しく感じられたり(笑)
敷居を高く感じてしまう方が多いと思いますが、
よりよい生活のために、
お金に関するプロとして、「正しい情報」をお伝えすることができるFPが
より身近なものなるように精進していかなくては!と感じています。

仙台名物牛タン。「利久」です。
時々、無性に食べたくなります。イオンモール幕張新都心にて。

2018年8月24日
住宅ローン簡単借り換え試算サービス

こんにちは。
FPブレーンの見川です。

さて。
毎月の支出を減らすにはどうする?と考えると、
・ちょっとでも安いスーパーを探して食費を減らす。
など、毎日の生活で少しずつ節約することを思い浮かべませんか?

支出を減らすという面で、より大きな効果があるのは、「固定費の見直し」です。
毎月、淡々と引き落とされることが多い、住居費や保険料、通信費。
一度頑張って見直せば、それがそのまま継続できるので、
痛みを伴わず、効果的に支出を減らすことができます。

家計の固定費の中でも、大きな割合を占める住居費。
住宅ローンを組んでいる方も多いと思います。

住宅ローンをお持ちの方は、以下の3点を確認してみましょう。

1.今の住宅ローンの金利が1.2%以上である。
2.残りの返済期間が10年以上ある。
3.残りの住宅ローン残高が1,000万円以上である。


1つでも当てはまる方は、住宅ローンの借り換えで効果がある可能性があります。

5年前に1.3%(10年固定)で組んだ住宅ローンを見直した結果、毎月5,500円の削減ができたという事例もあります。
固定で1.3%は十分低いから、メリットはないのでは?と思われるかもしれませんが、実際にやってみると、思わぬ効果が得られるかもしれません。

とはいえ、借り換えを検討するとなると、いろいろな銀行の条件を調べて、手数料を調べて、優遇の条件を調べて‥
めんどくさい!
となりがちです。

そこで、ぜひご利用いただきたいのが無料の「かんたん借り換え試算サービス」です。
返済予定表のコピーがあれば、借り換えによる効果が一目でわかる試算表を作成いたします。

その後、有料の借り換え実行サービスをご希望の場合は、約380種類の住宅ローンの中から、最もお得になるものの選択や、借り換え実行までの手続きをサポートいたします。
(報酬:借り換えで得をした金額の10%(最低10万円~最大40万円))

気になる方は、どうぞお気軽にFPブレーンまでお問い合わせください。

東北の実家に帰省した際の一枚。
岩手県の猊鼻渓(げいびけい)の舟下りです。景色はもちろん、船頭さんのトークと歌声も特徴です。

2018年8月9日
老後のお金はいつから貯める?

こんにちは。
FPブレーンの見川です。
台風の影響が気になる本日。
猛暑、豪雨、台風と、厳しい気候が続きます。
どうぞ、皆さまお気を付けください。

さて。
「老後のためのお金」準備されていますか?

結婚、出産、子供の教育費、マイホームの購入、など、
近い未来にある大きな出費のことは意識できても、なかなか老後のことを考えている、
という方は少ないかもしれません。

実際、お子さんがいらっしゃると、まずは教育費のことが頭にあり、
老後のお金なんて、考えられない、そんな余裕はない、という声をよく聞きます。

小学6年生の娘がいる私の周りでも、
最近のもっぱらの話題は、中学校に入ってからの教育費について。
「塾はいくら?」「私立に入るといくら?」「部活もお金かかるよね。」
「高校に入るともっと高いよ!」
私自身も、他人ごとではありません。

ただ、これからは、人生100年時代です。
65歳でお仕事を引退すると、35年間。
70歳でも30年間。
その期間を、年金+貯蓄を取り崩して生活していかなければいけません。

老後を迎えてから、足りない!と思っても、もう遅い。。。
教育費の心配がなくなってから老後を考える、と思っても、時間が足りない場合もあります。

「老後のお金はいつから貯める?」の答えは、
誰にとっても、「今から」が正解だと思っています。

先のことばかり考えて、今を楽しめないのは嫌だ。
先のことを考えるより、若い時はその時にしかできないことを楽しみたい。
と思ったりもするかもしれません。

理想は、「先のことも考えたうえで、今を楽しむ。」ですね。

そのためには、人生のお金の流れを把握しておくことをお勧めします。
これからの人生の中で、いつ、どのくらいお金が必要になるのか。
金融資産はどう変化していくのか。

弊社でも、お1人お1人の家族構成やライフプランに合わせて、ライフシミュレーションを作成しています。
ライフシミュレーションを見たお客さまからは、
「わからない」という漠然とした不安や、
「先のことを考えると怖くてお金が使えない」という不安がなくなった、という感想をいただいています。

アリになるか、キリギリスになるか。
将来の準備もしっかりしながら、今も楽しむ。アリとキリギリスのいいとこどりがベストですね!



7月27日の海浜幕張の幕張ビーチ花火フェスタの一枚。
無料観覧席、メッセ駐車場より。きれいでした!

2018年7月23日
アメリカの投資教育

こんにちは。
FPブレーンの見川です。

先日、アメリカに長年住んでいた友人に、久しぶりに会う機会がありました。
中学生の子供を持つ彼女に、質問。
「アメリカでの、投資教育ってどういう感じ?」

すると、
「1,000万円の効果的な運用方法を考える。」
という課題が中学校から出たことがある、という話をしてくれました。

株や債券等を購入するにあたり、(もちろんシミュレーションです。)どんな会社が良いのか、
どういう割合で持つことが良いのか、まずは子供が自分で調べ、それを家庭で話し合ったりもしたそうです。
さらに、学校でもディスカッション。

なるほど・・・。これがアメリカのやり方か。。。

「お金の運用に関する課題が出る」「資産運用について、家庭で話をする」
日本では特別なことに感じる話です。
むしろ日本では、「お金」の話はタブーとされてしまう傾向がありますよね。
もちろん、「年収はいくら?」「貯金はいくら?」なんて聞くことはタブーですが、
投資、株、債券、といった話題も、なぜかマイナスなイメージです。
家庭や友達にも、資産運用の話をすると、
「騙されているんじゃない?」なんて言われてしまったりするかもしれません。

この課題1つで、
・株や債券のしくみを知る
・家庭や友達と、オープンにお金の話をする
そんな経験ができることは貴重だなぁ。と思います。

義務教育の教育課程の中に組み込むことは難しくても、
一度でもしっかり学ぶ機会があるだけで、その後の人生の金融に対する考え方がきっと変わります。

ずっと気になっていた投資大国アメリカの投資教育。
アメリカは、投資教育が進んでいる、という情報を書籍や新聞などで知っていても、
生の声を聞くことができて、いろいろと考えるきっかけをもらう、貴重な時間でした。

弊社でも、中学生や高校生向けに、そんな勉強会を企画していけたら!と思っています。



※ZOZOマリンスタジアムでの花火です!いつも音だけ響いてくる場所に住む私ですが、先日初めて球場で見ることができました。
今週の金曜日は、海浜幕張の花火大会ですね!



2018年7月19日
事務所を移転いたしました。

こんにちは。
FPブレーンの見川です。
外に出ることが嫌になるくらい、とにかく暑い毎日ですね。
どうぞ、みなさま体調にはお気を付けください。

さて、先日、事務所を移転いたしました。
以前の事務所から、徒歩3分ほど。


新事務所は、三井アウトレットパーク幕張の隣にある、
「ホテルグリーンタワー幕張」の1階です。
(JR海浜幕張駅から徒歩2分)

事務所としての機能は移転済ですが、お客さまに来ていただけるようになるまで、
もう少しお時間をいただきます。
気軽に足を運んでいただける、心地よい場所を目指し準備中です。


準備が整い次第、改めてご案内させていただきます!




ホテルグリーンタワー幕張1F『幕張スイーツファーム』さんのプリンパフェ。
見た目も味も、テンションが上がる一品でした!!


ページトップへ