老後のお金はいつから貯める?

こんにちは。
FPブレーンの見川です。
台風の影響が気になる本日。
猛暑、豪雨、台風と、厳しい気候が続きます。
どうぞ、皆さまお気を付けください。

さて。
「老後のためのお金」準備されていますか?

結婚、出産、子供の教育費、マイホームの購入、など、
近い未来にある大きな出費のことは意識できても、なかなか老後のことを考えている、
という方は少ないかもしれません。

実際、お子さんがいらっしゃると、まずは教育費のことが頭にあり、
老後のお金なんて、考えられない、そんな余裕はない、という声をよく聞きます。

小学6年生の娘がいる私の周りでも、
最近のもっぱらの話題は、中学校に入ってからの教育費について。
「塾はいくら?」「私立に入るといくら?」「部活もお金かかるよね。」
「高校に入るともっと高いよ!」
私自身も、他人ごとではありません。

ただ、これからは、人生100年時代です。
65歳でお仕事を引退すると、35年間。
70歳でも30年間。
その期間を、年金+貯蓄を取り崩して生活していかなければいけません。

老後を迎えてから、足りない!と思っても、もう遅い。。。
教育費の心配がなくなってから老後を考える、と思っても、時間が足りない場合もあります。

「老後のお金はいつから貯める?」の答えは、
誰にとっても、「今から」が正解だと思っています。

先のことばかり考えて、今を楽しめないのは嫌だ。
先のことを考えるより、若い時はその時にしかできないことを楽しみたい。
と思ったりもするかもしれません。

理想は、「先のことも考えたうえで、今を楽しむ。」ですね。

そのためには、人生のお金の流れを把握しておくことをお勧めします。
これからの人生の中で、いつ、どのくらいお金が必要になるのか。
金融資産はどう変化していくのか。

弊社でも、お1人お1人の家族構成やライフプランに合わせて、ライフシミュレーションを作成しています。
ライフシミュレーションを見たお客さまからは、
「わからない」という漠然とした不安や、
「先のことを考えると怖くてお金が使えない」という不安がなくなった、という感想をいただいています。

アリになるか、キリギリスになるか。
将来の準備もしっかりしながら、今も楽しむ。アリとキリギリスのいいとこどりがベストですね!



7月27日の海浜幕張の幕張ビーチ花火フェスタの一枚。
無料観覧席、メッセ駐車場より。きれいでした!

ページトップへ