運用益がプラスのお客様100%(99.6%)

金融庁が毎年公表する「共通KPI」は経験と実績の通知表

金融庁Webサイトでは、毎年「共通KPI」の数値をランキングにして掲載しています。
この数値は、運用益がプラスになっているお客様の割合を示す指標です。
ライフプランに基づき、運用額を決定し、適切な銘柄選択を行うのはもちろんのこと、投資行動も含めたファイナンシャルコーチングの成果と考えていますので、弊社は継続的に高い数値を維持したいと考えています。

参考までに弊社のお客さまへのアドバイスは、世界各国の公的年金で実践されている「長期国際分散投資」を基本にしています。マーケットタイミングの予測に基づく売買により利益を求める方法は一切行わず、じっくりと寝かせて資産価値を守る堅実な長期を見据えた資産運用です。堅実とはいえ、価格変動がある金融商品においては、市場の状況により、大きな下落に直面することも当然起こりえます。価格変動で一喜一憂することなく、10年、20年という時間をかけて保有し続けることが、資産形成にとって非常に大切です。
長期間資産管理を続けていただくことが、お客さまの最善の利益につながるという信念のもと、金融の基本的知識をはじめ、必要な情報をご提供することや、商品購入後のフォローなどによりお客さまのサポートを行っています。
評価指標として、弊社にて口座を開設されている方の「運用損益別顧客比率」を一年に一度、および「口座開設期間別損益状況分布」を半期に一度(3月末状況)公表しております。

運用損益別顧客比率(投資信託)

各年3月末時点で、投資信託をお持ちの個人のお客さまの損益分布状況を示しています。